「9月 遊月先生のお話し会・其の五」のご案内

8月開催のお話し会についてのご報告に続き、9月のご案内をさせていただきます。


ーーーーーーーーーー


(日本の神代と古代史研究会Instagram  8/9の投稿より転載/一部割愛)


おはようございます。
日本の神代と古代史研究会の粕谷です。


次回「遊月先生のお話し会(其の五)」の中でお話しをいただく内容が決まりました!
昨日投稿された遊月先生のブログをご覧になられた方は、お話し会についての詳細ご案内を首を長くしてお待ちくださっている事と思います。


これから次回のお話し会についてご案内をさせていただきますが、その前にひとつお願いがございます。
今回のお話し会へのお申込みは、必ずこの投稿を最後までお読みになってからご連絡をいただきたいのです。
9月のお話し会についての詳細の他に、先生のブログのご案内もさせていただいており、そちらのブログの中で、先生から皆様へのお願いが記されています。そちらをお読みいただいてから当アカウント(@nihon_kamiyo_kodaishiのダイレクトメッセージにてお申込みおはようございます。
日本の神代と古代史研究会の粕谷です。


次回「遊月先生のお話し会(其の五)」の中でお話しをいただく内容が決まりました!
昨日投稿された遊月先生のブログをご覧になられた方は、お話し会についての詳細ご案内を首を長くしてお待ちくださっている事と思います。


これから次回のお話し会についてご案内をさせていただきますが、その前にひとつお願いがございます。
今回のお話し会へのお申込みは、必ずこの投稿を最後までお読みになってからご連絡をいただきたいのです。
9月のお話し会についての詳細の他に、先生のブログのご案内もございます。ブログの中で先生から皆様へのお願いが記されていますので、そちらをお読みいただいてから当アカウント(@nihon_kamiyo_kodaishi)のダイレクトメッセージよりお問合せ、お申込みくださいませ🙇‍♀️


では、大変お待たせいたしました。
「遊月先生のお話し会・其の五」についてご案内をさせていただきます。


🌳🌳🌳🌳🌳


 〜9月 遊月先生のお話し会(其の五)のご案内〜


 《日時》
  9月3日(土)
  20時00分〜21時00分(終了予定)/質疑応答のお時間もあります


 《内容》
  『「自ら命を手放した先に…」(遊月先生のブログ)』からのおはなし
  
 《場所》ZOOM


 《ゲスト》和珠の道主宰  香術師範  遊月先生


 《参加費》3,000円


 《お申し込み締め切り》8月31日(水)


 《お申込み方法》
  ご参加をご希望の方は、 日本の神代と古代史研究会Instagram、ブログのダイレクトメッセージ、ご案内を掲載しているFacebookメッセージよりご連絡ください。お申込み確認後、お振込み先をお知らせいたします。
   お振込み確認後、ZOOMアドレスを送らせていただきます。


  主催:日本の神代と古代史研究会


※ZOOMでの開催となりますが、お顔出しNG、聞くだけのご参加、途中からの参加などご希望の方は、お申込みの際にその旨お知らせくださいませ。


※お話し会の様子は記録として録画させていただきます。ご参加くださった方には、録画動画を編集後にご覧いただけるようにしたいと思っておりますが、状況によりご覧いただけない事もございます。その場合はご了承くださいませ。


🌳🌳🌳🌳🌳


はてなブログ
『しあわせこころのつくり方』より


 「自ら命を手放した先の……」
 https://nekota-nekokichi.hatenablog.com/entry/2022/08/08/184615


🌳🌳🌳🌳🌳


今回の先生のお話が、お一人でも多く必要な方へ届きますように。。

 

f:id:nihon_kamiyo_kodaishi:20220810203335j:image

遊月先生のお話し会・其の四のご報告

8月6日(土)に開催いたしました「遊月先生のお話し会・其の四」のご報告をInstagramへアップしました。

 

今回いただいたお話しは3つありました。

・神様と仏様の役割について

・自らいのちを絶たれた方について

・お盆のおはなし

 

ほんのさわりだけですが、当日伺ったお話しの内容をご紹介しています。

遊月先生のお話しには、大きな救いがあり、伺う度に新しい発見があり、それぞれのお話をじっくりとお時間を設けてお話しいただきたいと強く思うお時間でした。

次回「遊月先生のお話し会・其の五」についてのご案内もしております。

ぜひご覧ください🍀

https://instagram.com/p/Cg-cwdjvTU1/

 

f:id:nihon_kamiyo_kodaishi:20220808183518j:image

 

 

私のバイブル

悩んだり苦しんだりしたとき、その時々で何かに助けてもらうことがあると思います。

話を聞いてもらうこと、映画やドラマや本の中のセリフ、音楽を聴く、自然を感じる、動物との触れ合い、心に響く言葉などなど。。

 

私にとっては、人に会うこと、美味しいものを食べること、自然を感じること、ライブへ行くこと(音楽を聴くこと)…などがありますが、それさえ出来なくなるときもあります。

自分がどんな時でも一番長く変わらずに支えていただいていることは遊月先生のブログを読むことです。

 

遊月先生のブログはサイトのお引越しなどで幾つかあるのですが、自分のその時の気持ちの状態でそのどれかを開いてきました。

 

・月の風だより(エキサイトブログ

https://wanomichi.exblog.jp/profile/

・ちいさなしあわせさがし(はてなブログ

https://yutsuki22.hatenablog.com/

・しあわせこころのつくり方(はてなブログ

https://nekota-nekokichi.hatenablog.com/about

 

よく私は先生のブログを「私にとってのバイブル…」と言っているのですが、それは大袈裟でも何でもありません。

今はいち読者として拝読するという形だけになりましたが、若い頃…まだ老眼鏡のお世話になる前までは、「月の風だより」の言葉をひとつひとつルーズリーフに書いてはバインダーに綴じ、毎日のようにページをめくっていました。既に3冊になっているルーズリーフのバインダー。今でも時々ブログを書き写しています📝

どのブログの言葉もいつ読んでもハッとしたり、ほっとしたり、胸がぎゅっとしてみたり、ハマっている穴から引っ張り上げてくれたり。。私にとってとても救われる言葉なのです🍀

同じように先生のコラムが掲載されているものを全て持ち歩いているという方がいらっしゃるのですが、そういう方が実はあちこちにあるのかもしれません!

 

苦しいとき、つらいとき、どうしたらいいか分からなくなってしまったとき、ぜひ先生のブログをお訪ねになってみてください。元気がなくなってしまった時はもちろん、元気なときでも、心に響く言葉にきっと出会えます✨

 

f:id:nihon_kamiyo_kodaishi:20220806074005j:image

『遊月先生のお話し会・其の四』のお知らせ

インスタグラムではお知らせしておりますが、こちらでもお知らせいたします☆彡

 

先日、8月6日(土)開催の「お話し会」の内容について、遊月先生とお話をしてきました!

今回も一時間があっという間に過ぎてしまうはずです🌻

 

お申込みはまだまだ受付中です。
遊月先生のお話を聞くことのできる貴重なこの機会。みなさまのご参加をお待ちしております😊

 

・・・・・・・・・・

 

🪷8月のお話し会🪷

《日時》
 8月6日(土)
 20時00分〜21時00分(終了予定)/質疑応答のお時間もあります

《内容》
 ・いただいたご質問についてのお話
 ・お盆についてのお話

《場所》ZOOM

《ゲスト》和珠の道主宰 香術師範 遊月先生

《参加費》3,000円

《お申込み方法》
 ご参加をご希望の方は、こちらへメッセージいただくか、日本の神代と古代史研究会の Instagramダイレクトメールよりご連絡ください。

 ※Instagramはこちら

https://instagram.com/nihon_kamiyo_kodaishi?igshid=YmMyMTA2M2Y=

お申込み確認後、お振込み先をお知らせいたします。
 お振込み確認後、ZOOMアドレスを送らせていただきます。

主催:日本の神代と古代史研究会

・・・・・

※お話し会はZOOMでの開催となりますが、お顔出しNG、聞くだけのご参加、途中からの参加などご希望の方は、お申込みの際にその旨お知らせくださいませ。

※お話し会の様子は記録として録画させていただきます。ご参加くださった方には、録画動画を編集後にご覧いただけるよう作業を進めております。

先生に聞いてみたいこと、メッセージ、ご質問などお待ちしております。
コメント欄、当アカウントのダイレクトメッセージへお寄せくださいね。

(日本の神代と古代史研究会)

 

香術のお稽古をつけていただいた時のおはなし

このブログを書いている私(日本の神代と古代史研究会主催者)は、16年前に和珠の道®︎を主宰されている遊月先生へ師事しました。その後、香術士として活動を続けながら、一生の学びとして現在も香術のお稽古をつけていただいています。🍀

 

今回の投稿は、遊月先生に香術のお稽古をつけていただいていた時のお話しです。

 

🪷結跏趺坐(けっかふざ)を教えていただいた日のこと🪷

 

香術のお稽古では、はじめに、前回から今までに起きた心や身体への変化、そのほか気になっていることについて話をします。

その後、気になっていることのある自分を調えるための香りを一つ選び、その香りをじっと聞いていきます。


しばらく香りを聞いていると「さあ、香りを聞いてみてどうじゃな?」というお声が掛かりました。
遊月先生を通して、役行者さま
(紀さま)がいらしてくださっていました。


私は気が上がりやすく、メニエールや耳の不調のせいで、めまいもあり、ゆらゆらとしてしまうのですが、原因はそれだけでなく、考えても仕方のないことを考え、地に根が張られていない状態にあることによる揺らぎが大きいとのことを伝えてもらいました。


そのとき、
『地球に生きるというのは、蓮の花のようにしっかりと土に根ざして生きること。
蓮の花は水に浮かんでいるように見えるが、泥水の中にしっかりと根を張って生きている。
この世は苦界というが、泥水のような苦界の中にあっても、蓮のようにきれいな花を咲かせられる。


肩までは泥水の中に浸かっていてもいいが、頭(思考)は泥水(感情)に触れずにあること。


肝に落としたい事があるときには、結跏趺坐の姿勢で取り組みなさい。』とお伝えいただきました。


ーそんなお話のあと、紀さまが結跏趺坐のやり方を教えてくださいました。


結跏趺坐というのは坐禅の時にとる姿勢です。
(私はカラダが固く正式な姿勢は取れません。いまは出来る範囲での姿勢を続け、ゆくゆく正しい姿勢を取れることを目標とすることになりました。)


結跏趺坐の姿勢をとり、お尻から根っこが生えて土の中は根を張っていくイメージをし、印を結び、ピンと真上から吊られているようにして目を瞑ります。
聴こえてくる音、浮かんでくる考えなどなど、全てただただ流れる…。
何も考えず、無になることを目指す。

無になるとすべてひとつになって自分もなくなって、ひとつの中のひとつになってゆく…
ということなのですが、私は結跏趺坐の姿勢をとり、教えてもらったことを目を瞑りながらまず思ってしまうのです。
『何も考えず…だよね』と。
何も考えないと言われているのに、とにかくまず考えてしまう。


「思い浮かんだことはただただ流す」と言われているのに、
「思い浮かんだことはただただ流すんだよね」と、また頭の中で考えてしまう…😄💦


考えても仕方のないことを考えるのが常の慣いになっているのです。
いらないものを流し、心と身体と霊性を調えるための香術を学んでいるはずなのに、実りのない思考を巡らせることで時間が過ぎていく事がとても多いのです。


『頭を使うのは、どうしたらこの世の中がまあるく調和されてゆくのか、どうしたら苦しみや悲しみから救われるのか…そういうことに使うんじゃよ。
答えの出ないことをぐるぐる考えるために頭を使うんじゃないんじゃよ。』


思考にハマり、悪循環を始めた私を見て、もう何度も教えていただいてきているそのことを、役行者さまはもう一度お伝えにいらしてくださったのでした。


🪷🪷🪷🪷🪷


私の中の『考えること=考えても仕方のないことを考えることや雑念を手離すこと』は、私の大きな大きな人生のテーマなのだとハッキリ思うこの頃です。


この日、役行者さまがお帰りになったあと、役行者さまから伺ったお話について、遊月先生は私に分かりやすく理解できるようにお話をしてくださいました。
私はなんと有り難く恵まれているのでしょう!
にも関わらず、私はまた思考の渦に入っていくのです。。


このお話しはまた別の日の時間へと続いていきます。この続きはまたどこかで書きたいと思います。

 

(追記)

この投稿文章は遊月先生にお手直しいただいているので、とても分かりやすく読みやすい文章なのですが、次からは私が書いたものをそのまま投稿していきます。今までと文章の感じが変わったり、スムーズな運びにならないことも増えるかもしれませんが、どうぞお付き合いくださいませ☆彡

 

f:id:nihon_kamiyo_kodaishi:20220731074239j:image

はじめの一歩

今まで自分の記録として書いているブログはあったけれど、こうやってブログを書いていることを公開する日が来るなんて思ってもみなかったです。

4月生まれだったせいか、幼い頃からとても大きくて目立つらしく、学級委員や生徒会などをする事が多かったのですが、本当はなるべくなら表に立ちたくないという思いの強くある人間です。いまは臆病風に吹かれることが多く、その場にとどまる事が増えていますが、これをやりたい!と思ったことは、案外やってきた方かもしれません。

 

そんな私なので、主宰する会を持つこととなり、こうしてブログを書くことも公表したいまは、そういう場に立つことを決めたんだな。。と、あらためて思っているところです。

 

このブログには、今まで生きてきた中でいただいてきた沢山の気づきや学び、日々の学びや気づきを書いていきたいと思います。この場に残しておきたい言葉やお話しやブログのシェア、主宰している日本の神代と古代史研究会の活動予定や活動のご報告なども投稿していきます。

 

記念すべきひとつ目の投稿は、

「日本の神代と古代史研究会」発足の時に読んでいただいたご挨拶文です。

 

2022年3月15日に発足の運びとなった「日本の神代と古代史研究会」は、遊月先生の多大なるご尽力を賜ることがなければスタートさせることができませんでした。

35年前、まだお互いがうら若き頃、最初は友人として出会った遊月先生ですが、16年前に遊月先生が主宰として立ち上げられた和珠の道®︎の門下生となり、師と弟子という関係になりました。(ですから私は「遊月先生」とお呼びしていますが、本当はご本人は先生と呼ばれることがお好きではありません。)

35年というこの長い長い年月の間に、私は何度も何度も落ちて浮かび上がれなくなる事を繰り返します。落ちるとき、そこは答えの出ない迷路…まるで暗闇の中です(本当はそんなことないのに自分でそのようにしてしまいます)。その度に、遊月先生と遊月先生を通していらしてくださる神さま方にたくさんの時間をいただいて光はあるよ、出口はこっちだよ、こうすると出口へ向かえるよ、ということを教えていただいて来ました。

あんまり沢山のエピソードがあるのでここでは割愛させていただきますが、本当に思いをかけて育ててきていただいていたのだということを、これを書きながら静かに深く思います。感謝の思い、それしかありません。

 

そういう出来事の積み重ねをいただく中で、私の中に生まれた思いを形にするために発足させていただいたのが「日本の神代と古代史研究会」です。

色んなことのある世の中ですが、この会を通して生きることが楽になる方が増え、一つまた一つと笑顔が増えたらいいな…そんな思いでおります。これからそんな会を作り上げていけたらと思います。

 

日本の神代と古代史研究会のInstagramも立ち上げました。ご興味あればInstagramへもぜひ遊びに来てくださいね。

 

🪷🪷🪷🪷🪷

 

インスタグラムなどを通して会の活動をご覧くださっているみなさま、

今まで導き続けてくださった遊月先生、さまざまなご存在に心よりの感謝を込めて。。

 

🪷🪷🪷🪷🪷

 

『日本の神代と古代史研究会』発足のご挨拶
           主宰  粕谷恵


旧き時代、縄文の世には、調和された平和な世界が築かれていたと聞いたことがありました。

現代の世界にその時代の調和された考え方が生きていたならば、どのような時代になっていただろう・・・。そんな思いを持ち続けていた私が、ある話に出逢いました。

それが、今回お話を依頼することとなった遊月氏が語っている話です。


月氏は、1992年2月2日4時4分起こった地震をきっかけに、ご神託を受けとるようになり、個人活動として長年ご神事を続けていらっしゃいます。

また、長い年月をカウンセラー、スピリチュアルケアアドバイザーとして活動され、東日本大震災の当日から被災者・避難者・支援者のこころのケア活動を継続されています。和珠の道主宰、香術師範としても活動されている遊月氏の語るお話は、私の価値観を180度変えるものでした。恐怖感や不安感が強く、自分のことを信じることができずにいた私自身の心が変わり、生きることが楽になりました。

私が聞いてきた話を一人でも多くの人に聞いてもらいたいという思いと、さらには、日本の神代・古代史のことを語り合い、学び合う仲間を作りたいという思いから、 この度、「日本の神代と古代史研究会」を発足することにいたしました。


この会では、神代の俯瞰的な観点から、日本のこと、世界のこと、地球のこと、環境問題や世界が抱える問題…果ては、宇宙のこと…(!?)まで、みんなで考えていきたいと思います。


・いま残されている書籍や情報では知ることのできない日本の神代のお話に興味のある方
・巷のスピリチュアルのお話にどこか違和感を感じている方
・神社仏閣にお参りするのが好きな方
神道や仏教の教えや日本の歴史・地球のことなど に興味のある方
・ 遊月さんのお話を聞いてみたい!という方

ぜひ、ご参加をお待ちしております。